物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

専有面積の見方

まずはマンションを借りるときに、チラシなどの情報を見るかと思われます。
賃貸物件のチラシやインターネットの情報などを見てみると、面積について表記されていると思われます。
面積は家族で暮らせるだけの十分なスペースが確保されているかどうか確認をする時に重要な条件となってきます。
賃貸物件の面積を見てみると、専有面積という表記がなされていることがあろうかと思われます。
専有面積とは具体的にどこからどこまでのことを表しているのでしょうか?
まず皆さんもご存知のようにマンションの場合、自分で自由に利用できる部分と他の住民と共有しないといけない部分とがあります。
この時に、皆さんが個人的に自由に使うことができるスペースのことを専有面積といいます。
ただしこの専有面積の中でも物件によって2通りの方法で計算されていますので注意しましょう。
一つ目の計算方法として、壁心面積という手法があります。
部屋を真上から見たとします。
このうち壁にはある程度の厚みがあるかと思われます。
この壁の厚みの中でも、半分から内側までを専有面積としてカウントする方法を壁心面積といいます。
もう一つの専有面積の計算方法として、内法面積と呼ばれる手法があります。
内法面積とは、壁の内側の部分だけをカウントして広さを計算する手法を指します。
このため、同じ賃貸物件でも内法面積の方が壁心面積と比較して表示される広さは、壁の厚み分だけ狭くなります。
ですから、部屋の広さが表示されている場合壁心面積なのか内法面積なのかを確認する必要があります。
どちらの面積が表示されているかについてですが、一般的にマンションの種類によって分かれてきます。
分譲タイプの賃貸マンションの場合、壁心面積で表示されていることが多いです。
しかし中古のマンションになってくると、内法面積で表示されている傾向があります。
恐らく特に内法面積で表示されている場合には、そのようなことが書かれていると思われます。
面積の表示されている近くをチェックしてみると良いでしょう。
また先ほども紹介したように、壁心面積の場合、壁の厚みも広さの中にカウントされてしまっています。
つまり、実際に個人が利用できる部屋のスペースは表示されているよりも少しくらい狭くなってしまうということも、頭の中に入れてください。
現在提供されている賃貸物件を見てみると、基本的には内法面積で表示されているものが主流になってきているようです。
Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.