物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

家賃滞納に注意

賃貸物件を借りる以上、家賃を毎月支払わないといけません。
しかしわかっているけれども、うっかり家賃の支払いを忘れてしまうこともあるかもしれません。
もし家賃滞納をした場合、どのような処置を取られるのが一般的なのでしょうか?
あらかじめ断っておきますが、うっかりミスでもお金がなくて意図的に滞納しても、それは重大な契約違反になります。
たった1日の滞納でも契約違反になることを肝に銘じておきましょう。
通常家賃滞納が発生した場合には、電話などで連絡の来ることが多いです。
もしくは管理会社によっては手紙が届くこともあります。
この時怒鳴られるということはあまりなく、「家賃の入金がなされていませんが、お忘れではありませんか?」と言った感じで連絡が来るはずです。
もしうっかりミスで入金し忘れていたのであれば、この時点で速やかに支払いをすれば問題はありません。
もし電話連絡や手紙を無視すると、内容証明郵便という形で督促状が来ます。
内容証明郵便とは、手紙の内容やいつ出されたものであるか、誰が送付してどこに届けたかを郵便局が署名してくれる郵便を指します。
もし今後トラブルが大きくなって裁判沙汰になってしまった場合、証拠としての能力を持つ書類になります。
督促に本腰を入れますよというメッセージとしての役割も持っています。
もしこれでも家賃が支払われなかった場合には、連帯保証人になっている人に連絡が行くことになるでしょう。
中には連帯保証人を自分で用意することができずに、保証会社を使っているケースもあるかもしれません。
このような場合には、今度は管理会社以外にも保証会社の方から連絡が行くことになります。
恐らくたいていの人が督促状や内容証明郵便が届いた段階で大家さんや管理会社の方に連絡を取るはずです。
そこでもし家賃を支払えないのであれば、きちんと事情を伝えて話し合いをして円満に解決する方法を探っていきましょう。
しかし一部、どのようなことをされても無視し続けるという人もいます。
今までの処置をして具体的なアクションを起こさないと、ここからは法的な手段を講じることになってきます。
訴訟の準備をするという警告文がまず届きます。
これで応じれば訴訟を取り下げる可能性がありますが、これでも応じないのであれば、裁判ということになってしまいます。
このような事態に発展する前に、きちんと早い段階で相手と交渉することが何よりも重要と思って下さい。

お勧め情報

Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.