物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

ロフトの物件

専有面積は賃貸物件のチラシには、表記されていると思われます。
ところでこのチラシに書かれている専有面積ですが、具体的にどこからどこまでを含むのでしょうか?
基本的に皆さんの部屋の内部にある物は、専有面積としてカウントされていると思って下さい。
ですから、収納スペースやトイレと言ったところももちろん専有面積としてカウントされています。
居室空間だけのことを専有面積と呼ぶと勘違いしている人もいるようなのでその点に関しては注意をしておきましょう。
また専有面積でこれも誤解されやすい項目として、バルコニーがあります。
バルコニーは部屋の中にありますし、使っているのは居住者が独占しているはずです。
しかしこの部分は賃貸物件の場合、共用スペースになります。
例えば、あなたの借りている物件が火事などに見舞われたとします。
この時もしドアからの脱出が困難になってしまう場合には、バルコニーを使って住民全員が避難することもあります。
このため、共用スペース扱いになって、専有面積の中にはカウントされないのが一般的なのです。
バルコニーを見てみると、自分たちの荷物をうず高く積んでいる所もありますが、これは本来共用スペースということを考えるとマナー違反となってしまいます。
もしもの場合、荷物が邪魔をして脱出できなくなってしまうからです。
専有面積は限られているので、効率的に使用したいと思っている人もいるでしょう。
その場合には、ロフトつきのスペースを考えてみると良いでしょう。
ロフトつきの賃貸物件は、屋根裏部屋を天井をやや高くすることによって確保するスタイルの物件を指します。
屋根裏部屋を使うことによって、居住スペースを広げることに成功しています。
その結果、限られたスペースをより広く使えるということで賃貸物件の中でも人気のスペースになってきています。
賃貸物件でロフトつきの物件を見てみると、専有面積が思っているよりも狭めに表記されていることがあります。
実は、専有面積の規定の中ではロフトの部分はカウントしないことになっています。
建築基準法の規定を満たしているロフトの場合、居室としてカウントすることができないからです。
ロフトの物件を見てみると、ワンルーム+ロフト○○平米と書かれているような賃貸物件があります。
この場合○○平米はあくまでも、ワンルームの広さだけになります。
そこにロフトが付いてくると言う形になるので、かなりお得な物件である可能性が高いわけです。

お勧め情報

Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.