物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

3DKの間取り

家族で暮らすような賃貸物件を探すのであれば、3DKの中から選ぶとしている人も多いのではないでしょうか?
3DKとは、居室が3つあって、それにダイニングとキッチンが付いている方式を指します。
3DKの広さを見てみると、50平米の物件が中心であることが多いです。
しかし実際に賃貸物件を見てみると、かなり部屋の広さにはばらつきがある間取りでもあります。
40平米程度のものもあれば、70平米くらいのスペースを持っているような物件もあります。
居室を見てみても、3畳や4畳半くらいの物件もあれば、20畳以上あるような部屋が用意されている賃貸物件などもあります。
このため、いろいろな選択肢の中から物件探しをしましょう。
いろいろなタイプの賃貸物件がありますが、レイアウトとしては田の字型になっている物件が比較的ポピュラーと言われています。
田の文字のような感じで3つの部屋とDKが構成されている物件を指します。
バルコニーの方に2つの居室が用意されていて、反対側にもう一つの居室とダイニングキッチンが用意されているような構成になっているものが多いです。
ちなみに、60平米くらいの3DKの物件であれば、ダイニングキッチンが6畳程度のスペースを用意しているものが多いです。
65平米を超えてくると、DKだけでもLDKでも十分くらいのスペースになってきます。
このような間取りになっているのは、ダイニングキッチンからほかの部屋を見渡すことができる所は大きな特長といえます。
例えば家族連れの中には、小さな子供がいるというケースもあるのではないでしょうか?
その場合、お母さんがキッチンで家事をしている時でも、逐一子どもの様子をチェックすることができます。
母親にとってもメリットがありますし、子どもにとっても常にお母さんが見られるというのは大きな安心感を与えられます。
またバルコニー側の2つの居室がきちんと壁で仕切られていると、夫婦がおたがいに独立した部屋を確保することができます。
仕事や趣味の作業をするにしても、周りを気にすることなく没頭できるメリットがあります。
しかしこのような田の字型の物件の場合、ある居室に行くためにもう一つの居室を通り道にしないといけないケースが出てきます。
そうなってくると、通り道になっている部屋を有効利用できなくなってしまうこともあります。
この場合には、この2つの部屋をつなげてしまって、縦長のリビングのように活用すれば、効率的に部屋を使用できるのではないでしょうか?

お勧め情報

Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.