物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

不動産屋の種類と特徴

賃貸物件を探す場合には、不動産屋を利用する人がほとんどかと思われます。
この不動産屋は日本全国にありますが、この不動産屋は大きく2つの種類に分類することができます。
それは、有名店と老舗の店舗です。
それぞれに、どのような特徴を持っているのでしょうか?
有名店の場合、みんなが一度は聞いたことがあるお店と言う所がお客さんからしてみると大きな安心感につなげられるというメリットがあります。
日本全国にチェーン展開をしていて、ディベロッパーや建設会社が母体としているケースも少なくありません。
コマーシャルで宣伝しているような会社のことを有名店舗といいます。
有名店の中でも、いろいろなスタイルで賃貸物件の提供を行っています。
親会社もしくは自分の所で建設したマンションを中心として仲介サービスを行っているような会社もあります。
このような有名店を見てみると、横のネットワークがしっかりとしている傾向があります。
例えば、他の地域の物件を紹介してほしいということになれば、そのエリアをカバーしているほかの店舗と連絡を取って、めぼしい賃貸物件を紹介してくれます。
例えば自分が第一希望にしていた駅の周辺でめぼしい物件を見つけることができなかったとします。
そのような場合でも、隣の駅などを対象にして物件探しをしてくれるので借りる物件が見つかりやすくなります。
不動産屋の中には、その地域で営業をして何十年も経過しているような老舗のお店もあります。
親が会社を興して、子どもが事業を継承しているケースもあります。
このような不動産会社の場合、かなりの歴史を持っているケースも少なくありません。
老舗のお店の良い所はその地域の賃貸物件に深く食い込んでいる所も多いです。
大家さんの中には、老舗の不動産会社との付き合いが長いので、そこに入居者のほとんどを任せているようなケースもあります。
そうすると先に紹介した有名店ではフォローできていないような物件が老舗の不動産屋には合うというケースも出てきます。
長い付き合いの賃貸物件となると、どうしても築年数が経過している物件も多くなります。
もし部屋の古臭さが気にならないというのであれば、このような築古物件の中にはかなり安い家賃で提供されているような物件もあります。
場合によっては、掘り出し物の物件を発見することも十分に可能です。
また大家さんと入魂というのは、何か入居した後にトラブルがあっても気軽に相談できるところもあり心強いはずです。
Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.