物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

マンションのメリット

大きく分けて賃貸物件のほとんどはマンションかアパートに分類することができます。
マンションとアパートを比較して、どちらを借りた方が良いかは人それぞれです。
どこに重点を置くかによって、マンションとアパート、どちらが有利かは変わってきてしまいます。
賃貸物件では、住民同士のトラブルが起きる可能性も十分にあります。
その中でもよく問題になるのが、騒音の問題です。
足音がうるさい、音楽が大きいと言ったことでトラブルに発展してしまうことも多いです。
もしこのような騒音が気にならないような環境で暮らしたいと思っているのであれば、マンションを選ぶべきです。
現在提供されているマンションを見てみると、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート、プレキャストコンクリート、重量鉄骨造のような物件が中心です。
非常に建物自体が頑丈に作られている所が特徴です。
このため、普通に生活している分であれば、隣の音が気になるということはありません。
アパートの場合、木造の物件も多いので、隣人の音が気になってしまうということも起きる可能性があります。
賃貸物件のマンションは、コンクリートパネルの厚みが分譲マンションと比較すると薄いと指摘されることもあります。
しかしそれでも、アパートと比較すると音は響きにくい構造になっていると言えます。
アパートよりもマンションの方が一般的に、建物の構造は頑丈になっている傾向があります。
このため、例えば地震が発生した場合に耐震性という部分ではマンションの方に軍配が上がると言えます。
最近では免震構造を採用しているようなマンションも登場してきています。
地盤と建物の間の所にばねを入れることで、地震の衝撃を吸収してしまいます。
その結果、建物の中にいる人には揺れを伝えにくくする構造になっているわけです。
地震による被害を最小限に抑えたいと思っているのであれば、マンションを借りるべきでしょう。
また先ほども紹介したようにマンションの場合、鉄筋コンクリート構造になっている物件がほとんどです。
鉄筋コンクリートの場合、耐火構造に優れていると言われています。
もしマンションで火災が発生したとしても、炎症があまり怒らず家事によってマンション自体が崩壊するリスクも少ないです。
アパートの場合、木造の物件も多いと言われています。
このため火事に対しては、どうしても弱い所があります。
多少コストがかかっても、リスクの低い賃貸物件を探すのであれば、マンションを探すべきでしょう。

お勧め情報

Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.