物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

ワンルームと1Kの違い

一人暮らしをするために、賃貸物件を探しているという人もいるかもしれません。
その場合、たいていの人が候補にするのがワンルームや1Kではないでしょうか?
ところでこのワンルームと1Kには具体的にどのような違いがあるのでしょうか?
1Kというのは、一つの部屋とキッチンが付いていますよ、ということを表しています。
一方ワンルームにも、キッチンをするスペースが付いていることはついています。
しかしワンルームの場合、部屋になる所とキッチンスペースの間に仕切りがない所が1Kとの違いです。
1Kの場合、部屋とキッチンスペースとの間にドアや扉のような仕切りになるようなものがあって、お互いが独立しているレイアウトの物件を指します。
1Kの場合、部屋とキッチンスペースが区切られているので、料理をする時と自宅でくつろいでいる時の区別をはっきりさせることが可能です。
生活にメリハリをつけたいと思っているのであれば、1Kの賃貸物件の中から借りる部屋を探してみると良いでしょう。
また最近の賃貸物件を見てみると、ワンルームと1Kの中間のような存在の物件もあります。
玄関を入ると、廊下のようなスペースが広がっています。
ここに料理ができるようなキッチンスペースが付いているわけです。
部屋とキッチンスペースとの間にはっきりとした仕切りがあるわけではないです。
しかしワンルームのように部屋の中にキッチンスペースが付いているわけでもありません。
このため、居室と独立しているような感じで、キッチンを利用することができます。
このような賃貸物件は通常、ワンルームという形で表記されていることが多いはずです。
しかし実際に見学してみると、1Kのような感じで利用できる物件もあります。
1Kにあまりこだわっていると、このような物件を見逃してしまう可能性もありますので注意しましょう。
ところでワンルームと1Kの場合、部屋の広さはどれくらいになるのでしょうか?
一般的に1Kの方が部屋面積はやや広めになる傾向があります。
もし居室が6畳くらいの賃貸物件を探していることになると、ワンルームであれば18平米程度でも大丈夫です。
しかし1Kの場合には、20平米程度の広さが必要になります。
この2平米があるかどうかによって、余裕のあるキッチンスペースを確保できるかどうかが決まってきます。
ワンルームの物件の場合、16平米程度の物件が出ていることもありますのでチェックしてみましょう。

お勧め情報

Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.