物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう
物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう

ワンルームと1Kの選択法

一人暮らしをしようと思っている人の中には、ワンルームと1Kのいずれの賃貸物件を借りるかで迷っている人もいるでしょう。
ワンルームにするか1Kにするかのポイントになってくるのは、キッチンを利用する頻度です。
もし毎日自炊をするつもりであるとか、会社や学校に弁当を作って持っていきたい、料理がもともと趣味であるというのであれば、1Kにすることをお勧めします。
1Kの魅力は、キッチンと居室が独立している所にあります。
このため、料理をしたとしても、料理の臭いが居室に流れ込むことが防げます。
料理の汚れも、キッチンスペースの中に押し込めることができます。
また場合によっては友人や恋人が部屋に遊びに来ることもあるかもしれません。
その場合でも1Kであれば、部屋の中をすっきりさせることが可能です。
1Kの賃貸物件の中には、3〜4畳程度のキッチンスペースを用意している所もあります。
この程度のキッチンスペースがあると、かなりゆとりが生まれます。
冷蔵庫はもちろんのこと、食器棚やテーブルなども置くことが可能になります。
逆に、あまり自宅で料理をすることはないだろうと思っているのであれば、ワンルームの物件でも構わないでしょう。
ワンルームの場合、仕切りがありません。
つまり部屋をより広く利用することができるわけです。
また自分で部屋のアレンジを比較的自由にしやすくなります。
例えば、物件自体に仕切りがなかったとしても、自分でついたてを準備して仕切りを作ってしまうこともできます。
自分の使いやすいように部屋のアレンジをしてみたいというのであれば、ワンルームの中から賃貸物件を探すようにしましょう。
ワンルームであっても、1Kであっても賃貸物件をチェックするときには、冷蔵庫置き場の場所やスペースを確認しておきましょう。
もしキッチンスペースに置き場がない、十分な広さがなければ居室に冷蔵庫を持ってこないといけなくなってしまいます。
そうすると、居室が圧迫されるような感じになってしまいます。
その他にも洗濯機置き場がきちんと屋外に用意されているかどうかも確認しておきましょう。
屋内に洗濯機置き場があると、居室をこれも圧迫する結果になってしまいます。
そのほかには、ワンルームや1Kでもそれなりの収納スペースが確保されているのかどうか確認をしてみるといいでしょう。
一人暮らしをしていても、結構いろいろと荷物が発生するものです。
部屋に荷物が出てくると、部屋を狭くしてしまうので注意です。

お勧め情報

Copyright (C)2017物件まめ知識 専有面積の見方を知ろう.All rights reserved.